乗馬でスポーツ【誰でも始められるパカパカ乗馬】

ホンダのラクーン

ホンダの二輪車、ラクーン

ホンダから1980年に発売が開始された二輪バイクのラクーン。 当時、市街地を軽快に走れるバイクというコンセプトのもと販売されていました。 名前の由来としては「らくらく乗れるレジャーバイク」というところから名付けられています。 当時の価格は、約13万円から14万円ほどで販売されていました。 ラクーンシリーズは電動アシストが販売されたり、モデルチェンジを行いながら販売されていましたが2002年に生産が終了しています。 そのため、入手としては中古がほとんどになっています。 値段は状態によりけりですが、プレミアがついていたりしっかりと装備が行われ、フルカスタムされているラクーンは当時の販売価格よりもお値段が高くなっている場合もあります。

魅力的なデザインと、乗りやすいスタイル

ラクーンの特徴としては、名前の由来にもなっている「楽に乗れる」といった部分です。 シート部分が低くなっており、また大型のシートを使っているので、乗り降りが行いやすく更に走行もしやすいデザインを採用しています。 また、フロント回りもすっきりとまとまっているのでスタイリッシュな雰囲気を出しています。 乗りやすさをコンセプトとした小型2輪バイクなので入門用にと設計されています。 走行時も、市街地から道の粗い場所まで軽快な走行を実現させ、振動も抑える2サイクル、最高出力6馬力エンジンを搭載していました。 当時の2輪車で新型のデザインと少ない排気量を実現させたラクーンは中古でパーツなどが入手困難になった今でも人気の高いバイクです。